私たち赤江クリニックでは、一般的な内科の診察のほか、脳に関するさまざまな症状を診察いたします。頭痛、手足のしびれ、手足に力が入らない、ろれつが回らないなどの訴えの方や、頭を怪我した場合などいつでも迅速に対応いたします。
 急性期の治療が求められる場合に、最新のMRIによって脳や脊髄の病気をすばやく診断し対応するほか、急性期後の治療、後遺症やリハビリに対するケアのほか、近年増加している高齢化によるぼけ症状への対応など幅広く行っております。

 

 

 

めまいや肩こり、頭痛、しびれ、物忘れなどの
症状が気になる方はご相談下さい。

 


脳血管障害(脳梗塞、脳出血、くも膜下出血)
アルツハイマー型認知症、その他の認知症
頭部外傷
水頭症
パーキンソン病
三叉神経痛
脳腫瘍
脊椎疾患(変形性頚椎、腰椎症)
末梢神経障害
てんかん
顔面けいれん
その他脳神経に関する疾患

くも膜下出血とは
頭 蓋内の動脈の一部に、壁が薄いところができて、そこが次第にはれてきて動脈瘤(どうみゃくりゅう)というコブができることがあります。これが、脳を保護 する膜の一つである『くも膜』と脳との空間にはりめぐらされた血管で、何かの拍子にやぶけて血が吹き出たのがくも膜下出血です。あっという間に頭蓋内の圧 が上がってしまって、直ちに生命に危険を及ぼすこともあります。外傷性出血によるくも膜下出血は、健康な人にも起こりうるトラブルであるため注意が必要で す。

脳梗塞とは
脳の血管が細くなったり、血管に血のかたまり(=血栓)が詰まったりして、脳に酸素や栄養が送られなくなること で、脳の細胞が障害を受けたり死滅する病気です。ラクナ梗塞、アテローム血栓症脳梗塞、心原性脳塞栓症の3つに症状が分かれ、詰まる血管の太さやその詰ま り方で区別されます。主な原因は、動脈硬化になりやすい人のほか、高血圧、糖尿病、高脂血症、喫煙、肥満などの人は注意が必要です。

パーキンソン病とは
脳の中の黒質で作られる神経伝達物質の一つであるドパミンが減少して起こる病気です。年をとるに従い、脳の神経細胞は脱落・変性し減少していきますが、パーキ ンソン病では通常の加齢以上にこの部分が年をとってしまい、黒質部分の色が薄くなった状態、つまり神経細胞の脱落・変性がより著しくなった状態と考えられ ます。発症年齢のピークは、50歳~60歳台にありますが、例外的に20歳台の発症者もあり、まだ原因について十分に解明されてないのが現状です。